子供が朝起きれず学校に行かない!起立性調節障害の疑い

最近子供が朝起きれなくて学校に遅刻したり休んだりするので心配な方へ

起立性調節障害か見極めるチェック項目

親からみて「怠けぐせ」、「無気力」、「根気がない」のではと思うお子さん。朝起きてこないのは「夜更かしのせい」と思われるお子さん。このようなことを常日頃思ったり、言ったりしている親御さんは下記のチェック項目を参考にお子さんに当てはめて、今一度、考えてみてください。

小症状(症状が軽い時)

1.朝の顔色が青白く悪い。
2.朝食を抜くことが多い。(食欲不振)
3.軽い腹痛を時々訴える。
4.身体がだるく疲れやすい(根気がない、だらだらしている、ぼ~っとしているなど思われがち)
5.頭痛を時々訴える。
6.乗り物に酔いやすい。

小症状は午前中に訴えることが多く強いことが特徴です。食欲不振はとくに朝食で、夕食は食欲がありよく食べます。腹痛はへその近くの痛みを訴えますが、5分ぐらいで消え、普通下痢や吐き気はともないません。

大症状(症状が重くなった時)

1.立ちくらみや目まいを起こしやすい。
2.立っていると気持ちが悪くなり、ひどくなると倒れたりする。
3.入浴中や嫌なことを見たり聞いたりすると、気持ちが悪くなる。
4.少し動くと動悸息切れがする。
5.朝なかなか起きれず、午前中調子が悪い。
6.夜なかなか眠れず、夜更かしをする。

大症状は「朝起き不良」とは「朝寝坊」とは違い、目が覚めた後も立ち上がると、吐き気、頭痛、めまいなどがおこり、起き上がることが大変です。これらの症状は午前中続き、午後になるとかるくなります。

どうしても親御さんは、自分の子供はそんな病気ではないと思っている方が多く、ただたんに、「怠け者」、「無気力」、「根気がない」と非難や思いがちです。また、反抗期と見分けにくい言動が、親を混乱させます。このようなことが重症化する原因にもなっています。

おかしいなと思ったら必ずご相談を

当院には多くの起立性調節障害のお子さんを持つ親御さんからご相談をうけております。
病院と違い、気軽に来院していただくことができます。
子供だけでなく、自律神経失調症に悩む多くの方を今まで改善し、喜んでいただいた実績があります。

起立性調節障害は自律神経と大きな関わりがあります。
まずは当院に一度ご相談ください。

長年の悩みに明日からさようなら、晴れやかなあなたの笑顔を私に見せて下さい

当院で改善された方が口コミサイトエキテンに投稿頂いております

▲ 阪急武庫之荘駅北口でてすぐのロータリーの真ん中にある銅像がお待ち合わせ場所です

瀬戸口療整院の案内

施術に際して

当日は身軽な服装(普段着)でお越しください。
お子様連れでもかまいませんので、ご相談ください。

営業時間:午前/9:00〜12:00 午後/2:00〜8:00
施術料金:1回 初診料1,000円 施術料 6,000円
定休日:水曜日、第3日曜日