起立性調節障害のお子さんを持つ親御さんへ

子供のSOSに気づいてあげてください

子供が朝起きてこない、遅刻するのは黄色信号

「最近、子供が朝なかなか起きれなくなった」「あまり学校にも行かなくなった」
もしかしたらそれは起立性調節障害の警告かもしれません。起立性調節障害なんて言葉はまだ一般には浸透していないため、子供が朝起きれないくらいで病気だなんて誰も考えないんです。

だから、放置してしまいます。そして、これは単なる寝坊じゃないなというときにはかなり深刻な状態になっており、そこで初めて、当院に相談があったりします。

早い段階で適切な対応することが大切です

そうならないためにも早い段階でのケアが必要です。起立性調節障害は病気であって、単なるなまけ癖ではないということです。
そこにはストレスが大きく関わっており、子供だけなく、お母さんお父さんの協力や親御さん自身のストレスの遮断も必要になってきます。
起立性調節障害をうったえる子供は近年増加傾向にあります。考えてみたら昔と違い、今の子供は忙しいですよね。
小学生の頃からいくつも習い事をかけもちしたり、学校の環境も今と昔ではかなり変わっています。

それだけストレスを受けやすい環境にいるということです。

もし、あなたが子供の異常に少しでも早く気がつき、早い段階で当院に相談頂ければ、それだけ改善までも早く済みます。
それは学校の先生や近所の人ではわかりません。一番近くにいる親だけが子供が発信するSOSに気付いてあげることができます。

子供に病院に行こうって言わないこと

とはいえ、子供に「病院に行こう」なんては言ってはいけません。

多くの場合、お子様は思春期や反抗期にはいっています。当然、起立性調節障害なんて言葉を知らないですし、自分がそれだともおもっていないでしょう。しかし、「病院に行こう」なんて言ってしまったら当然、反発します。
反抗心、反発心がある状態では適切な施術を行うことができなく、効果も半減していまします。

しかし、当院のような整体院でしたらそれほど抵抗なく、来るかもしれません。お母さんに腰痛があればその改善を口実に一緒に来てもらっって、ついでを装ってお子さんの起立性調節障害の施術を行うことだってできます。
もし、今、現在お子さんの寝坊や立ちくらみのような症状に気がついており、不登校気味になっているのであれば、まずは電話だけでもいいのでご相談ください。

長年の悩みに明日からさようなら、晴れやかなあなたの笑顔を私に見せて下さい

当院で改善された方が口コミサイトエキテンに投稿頂いております

▲ 阪急武庫之荘駅北口でてすぐのロータリーの真ん中にある銅像がお待ち合わせ場所です

瀬戸口療整院の案内

施術に際して

当日は身軽な服装(普段着)でお越しください。
お子様連れでもかまいませんので、ご相談ください。

営業時間:午前/9:00〜12:00 午後/2:00〜8:00
施術料金:1回 初診料1,000円 施術料 6,000円
定休日:水曜日、第3日曜日