コーヒー好きは注意!自律神経の大敵カフェイン

コーヒーの飲み過ぎに要注意ください

自律神経失調症の人がとってはいけない成分

カフェインは刺激のある成分であることは、皆さん何となく知っていると思いますが、カフェインは化学的ストレスになり、うつや自律神経失調症の方は摂ってはいけない成分です。
コーヒー、紅茶、緑茶、ココア、ドリンク 剤、チョコレートなどにも含まれています。上記の飲料水のかわりに水(できれば常温が良い)ハーブティーや麦茶には入っていませんので飲むことをおすすめします。砂糖も化学的ストレスになります。

砂糖も極力避けるほうがよい

朝起きた時、まだ休憩の神経「副交感神経」が優位に働いている時に、コーヒーを一杯飲むことで目が覚めますね 。コーヒー好きな人は寝起きに一杯ってよくしますが、コーヒーに入っているカフェインが「交感神経」を刺激し 交感神経が働き目が覚めるのです。

カフェインは、強引に交感神経を働かせる作用があるため体 内のエネルギーをさらに消費しようとするのです。出しっぱなしの蛇口のようにです。エネルギーを消費しすぎると、免疫力、治癒力、調整力が低下します。仕事などで無理をしている時や、眠気さましに飲む一杯のコーヒーのカフェインで元気がでてきたような、頭が冴えているような錯覚をします。エネルギーが少ない時に、カフェインで交感神経に刺激を与えるとより活発に働き、よりエネルギーを消費します。そんな時は、エネルギーが回復するまで、静かに休息を取るほうのが良いのです。

砂糖は血糖値を急激に上昇させます。血糖値が上昇するとすい臓からインシュリンが過剰に分泌され、その反動で血糖値が下がり、砂糖を摂る前よりも下がり「低血糖」の状態になってしまいます。これにより自律神経失調症の症状が出てきます。空腹時の糖分は、血糖値を上げますから気を付けて下さい。

日頃からカフェインレス・シュガーレスを使うようにしよう

カフェインが入っている飲み物はコーヒー、緑茶、ウーロン茶、コーラ、栄養ドリンク等で、お茶類で入ってないのは麦茶とハーブティーです。最近では、カフェイン抜きのコーヒーや紅茶も手に入るようになりましたので、コーヒー好きな方はカフェイン抜き利用されるのが良い。カフェインレスといっても100%ではなく90~98%除去なので、症状がひどい時には止めておいた方が良いようです。

果物は果糖だけでなく、ショ糖(砂糖)も含まれているものが多く、空腹時には摂らない方がいいでしょう。急激な血糖値の上昇を防ぐための食生活を考えることです。

カフェイン抜きは交感神経を刺激し、活発な活動を促しますので、体がつらい時や、休息時などは副交感神経がうまく働くような環境をととのえる努力が必要です。

長年の悩みに明日からさようなら、晴れやかなあなたの笑顔を私に見せて下さい

当院で改善された方が口コミサイトエキテンに投稿頂いております

▲ 阪急武庫之荘駅北口でてすぐのロータリーの真ん中にある銅像がお待ち合わせ場所です

瀬戸口療整院の案内

施術に際して

当日は身軽な服装(普段着)でお越しください。
お子様連れでもかまいませんので、ご相談ください。

営業時間:午前/9:00〜12:00 午後/2:00〜8:00
施術料金:1回 初診料1,000円 施術料 6,000円
定休日:水曜日、第3日曜日