自律神経失調症のめまいや吐き気

そのめまいや吐き気は自律神経失調症かも

自律神経失調症で最も多い症状が難聴やめまいや吐き気

自律神経失調症の症状で、めまいや耳鳴り、難聴などは多いい症状です。また、吐き気もそうです。めまい、耳鳴り、難聴などの症状がでたとき、あなたは耳鼻科に行かれるでしょう。診断の結果、内耳や中耳、三半規管には異常がないと言われたら、自律神経失調症を疑うべきです。

実際は異常がないわけではないのですね。たしかに目まいや耳鳴りがするわけですから。ただ、耳鼻科では異常がないとわかっただけでも、診察の意味はあります。では、身体のどこに異常があるのでしょうか?多くの場合めまいや耳鳴りは、ストレスによる自律神経失調症やうつ病が原因であったり、首のこり、肩のこりが原因のことが多いいです。

目まいには、大まかに分けた2種類があります。

「フワフワするめまい」と天井が回る様な「グルグルするめまい」です。
フワフワする目まいは、過度なストレスによる自律神経の乱れによる自律神経失調症やうつっぽくなっている時に起こります。もちろん、症状は他にもいろいろとありますが。
グルグルする目まいは、耳の奥にある平衡感覚を感じる取る「三半規管」に原因があります。三半規管に水が溜まることで起きるといわれています。これをメニエール病と呼ぶことがあります。水が溜まる原因にストレスによるものと思われます。ですからグルグルするめまいも自律神経失調症の一つの症状だと思っていいでしょう。
目まいは自律神経のバランスがくずれた時に起きます。バランスのくずれる原因として、悪い生活習慣が目まいを慢性化する要因になっています。「夜更かし」、「偏った食事」、「まったく運動をしない」など。

目まいには、大まかに分けた2種類があります。

吐き気も自律神経失調症の症状のひとつとしてあります。日常的にわりと吐き気が出やすい場面がありますが。船酔い、車酔い、食べ過ぎ、また、ストレスを感じた時に吐き気がしたりします。結構、市販されている胃薬、整腸剤などで、簡単にすませてしまいがちですが、続くようであれば、病院で調べてもらうのが安心です。吐き気に関係する病気は多くありますが、自律神経失調症にも吐き気の症状があることは認識しておくべきです。とくに、慢性的に吐き気が続く場合は要注意です。

でも病院出された薬を飲んでも改善しない場合は当院の出番

病院にいって検査したけど異常がない。出してもらった薬をのんでいるけど改善しない。そんなときは当院にご相談ください。当院には自律神経失調症に悩む方が多数来院され、多くの方が改善され、また普段通りの生活を送れるようになっております。

長年の悩みに明日からさようなら、晴れやかなあなたの笑顔を私に見せて下さい

当院で改善された方が口コミサイトエキテンに投稿頂いております

▲ 阪急武庫之荘駅北口でてすぐのロータリーの真ん中にある銅像がお待ち合わせ場所です

瀬戸口療整院の案内

施術に際して

当日は身軽な服装(普段着)でお越しください。
お子様連れでもかまいませんので、ご相談ください。

営業時間:午前/9:00〜12:00 午後/2:00〜8:00
施術料金:1回 初診料1,000円 施術料 6,000円
定休日:水曜日、第3日曜日